「お役立ち&ユニーク情報」一覧に戻る

2018年秋 新製品発表会を実施

 カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社は、2018年10月29日(月)、東京都港区の明治記念館にて「2018年秋 新製品発表会」を開催しました。発表会では、LID等の劣化を抑える当社独自のソリューション技術や、住宅・産業向けの新しい太陽光発電モジュールのご案内、そしてニチコン株式会社より当社住宅用蓄電パッケージ「SOLIEV(ソリーヴ)」に採用されているニチコン株式会社の「トライブリッド蓄電システム®」についてご紹介いただきました。

会場となった明治記念館。都心にある明治神宮敷地内に建つ

ご来場および受付の様子

 新製品発表会は、明治記念館の美しい庭園に面した「末広の間」にて15:00より開演。

 カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社 代表取締役社長 山本豊による挨拶の後、カナディアン・ソーラー・インクCTOのドクター・シンより当社R&Dセンターの紹介や、LID等の劣化を抑える当社独自のソリューション技術、生産ロードマップや太陽光業界の動向などに関するプレゼンテーションが行われました。

会場となった明治記念館。都心にある明治神宮敷地内に建つ

製品についての説明を熱心に聞き、メモを取るゲストも

4つの製品についてトータル45分のプレゼンテーションを実施

 続いて、カナディアン・ソーラー・インク モジュール製造エンジニアリング本部テクニカルディレクターのアラン・シューより、Kuモジュール、HiDMモジュール、HiKuおよびBiHiKuモジュールに関する技術的な解説を行うとともに、会場内にも展示された6枚の新しい太陽光発電モジュール「HiKu CS3W-P」、「BiHiKu CS3W-PB-AG」、「HiDM CS1U-MS」、「HiDM CS1A-MS」、「HiDM CS1K-MS 」、「CS1VL-MS」についてご紹介させていただきました。

 そして、当社住宅用蓄電パッケージ「SOLIEV(ソリーヴ)」に採用されているニチコン株式会社の「トライブリッド蓄電システム®」について、ニチコン株式会社蓄電システム営業部の森岡澄夫様および伊藤威様よりご紹介いただきました。

ニチコン株式会社 伊藤様(左)と森岡様(右) ニチコン株式会社によるプレゼンテーション

 会場には新製品の太陽光発電モジュール6枚をはじめ、「SOLIEV」用のトライブリッドパワコン®、蓄電ユニット、増設ユニット、室内リモコンを展示。新製品発表会の後には、ご来場の皆様にそれぞれの製品を間近でご覧いただきました。

新製品をはじめ「SOLIEV」用機器を間近でじっくりご覧いただきました

カナディアン・ソーラー・インク会長 ショーン・クー

 新製品発表会の後16:00からは、パートナー企業へ感謝の意を込めて、レセプションパーティーを同じ明治記念館内の「鳳凰の間」にて開催しました。

 カナディアン・ソーラー・インク会長 ショーン・クーによる乾杯挨拶にはじまり、ご来場の皆様には飲み物や食事とともに、ご歓談をお楽しみいただきました。

レセプションの様子。お食事やお飲み物もお楽しみいただきました

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社 業務統括本部 本部長 五十右哲也

 最後は、カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社 業務統括本部 本部長 五十右(いみぎ)哲也による閉会の挨拶と一本締めによる中締めで宴はお開きとなりました。

 ご参加いただいた皆様には、太陽光発電業界の貴重な情報交換の場としても役立てていただけたようです。

 ご来場いただいたお客様には、製品カタログや焼き菓子のラスクをお土産としてお持ち帰りいただきました。なおこのラスクは、新宿区立福祉作業所の製造によるものです。当社はCSR活動の一環として同作業所が販売するお菓子の購入を通じて、障害者の支援を行っています。

 カナディアン・ソーラーは、お客様により質の高い製品やサービスが提供できるよう、継続的に教育・研修等を行っていく予定です。当社は、今後もお客様のご要望に応えられるセミナーや、わかりやすい情報提供等に努めてまいります。

製品カタログやラスクなどのお土産をお持ち帰りいただきました