「エコなお宅訪問」一覧に戻る

My Solar House
売電収入にも大満足!
兄妹家族が2軒並びで建てた
エコな家
静岡県磐田市 アナリザ様邸・マンカオ様邸
Photo: Satoru Seki

たっぷり発電できるよう、より多くのパネルが設置できる家を新築

 静岡県磐田市、田園風景が残る豊岡地区に、フィリピンご出身のご兄妹アナリザさん、マンカオさんのお宅が並んで建っています。どちらも2019年4月に完成した新築の家で、それぞれに家屋とポーチを覆う2段の片流れ屋根が張り出し、そこにカナディアン・ソーラーの太陽光パネルが敷き詰められています。日当たり良好のこの2軒のお宅は、太陽光発電システムを活用することを前提に建てられたといいます。

沢山のパネルが付けられるよう、片流れ2段の屋根を設置したマンカオ家(奥)とアナリザ家(手前)

 マンカオさんご夫妻が、いきさつを説明してくれました。
 「子供たちが成長しアパートが手狭になったこともあり、昨年、マイホームの購入を検討していました。そんな折偶然、地元のセイエイという住宅会社の社長である鈴木さんが英語のチラシを持って営業に来てくれたのです。話を聞いたところ、太陽光発電システムのあるオール電化の家を建てれば、光熱費が大幅に削減でき、さらに売電による収入が期待できるため、ローンの支払いが楽になるというので、興味を持ちました」と、ご主人。

屋根下のポーチは車庫やBBQスペースとして活用

 太陽光発電の事はそれまで全く知らなかったそうですが
 「鈴木さんが丁寧に根気よく説明してくれて、とても良い話だし信頼できると確信できました。そこで自家発電のできる家造りをセイエイさんにお任せすることにしたのです」とほぼ即決したそうです。

 そして近くに住んでいたお兄様のご家族と共に、2軒並びで新居建築を計画。せっかく建てるならなるべく沢山のパネルを、という両家の希望で、日の光を無駄なく受け止めることができる片流れの屋根2段というスタイルになりました。

 「太陽光発電システムは、セイエイさんから勧められ、カナディアン・ソーラーの製品を選びました。カナダのメーカーということで、印象はとても良かったです。大自然の国だし、きっと良い製品に違いないと」

月によっては売電料金が5万円以上になることも!

マンカオ家の子供部屋。エアコンは必需品 マンカオ家のキッチン。オール電化で使い勝手も抜群 モニターをこまめにチェックして節電も

 4月から新居に住みはじめたアナリザ家とマンカオ家ですが、どちらも今までとの光熱費の違いに驚いているといいます。

 「アパートに住んでいた時には、電気代だけで1ヶ月1万5,000円ほどかかっていました。それが今では全ての光熱費として3,000〜4,000円で済んでいます。しかも5万円以上の売電収入もあります。設置して本当に良かったと思います」

 この2家族のように、親戚同士が近くに住んで子育てなどを助け合うのはフィリピンのスタイル。周辺には他のご兄弟も住んでおり、時には1つの家に20人ほどの子供が集まることも珍しくないのだとか。

 「子供が大勢いると、エアコン、テレビ、IHキッチンなど、電気が必要な場面も多くなりますが、電気代はほとんど気になりません。もっともできるだけ売電もしたいので、モニターを頻繁に見ながら、不要な電気を切ったりして、日常的に節電には心がけています」と、双方の奥様も共に大満足の様子。

 他の兄弟や友人にも太陽光発電システムの設置を大いに薦めたいと、嬉しそうに話してくれました。

アナリザ家(右)・マンカオ家(左)のご家族とセイエイ社長の鈴木氏

アナリザ様邸

  • ■システム:23.52kW
  • ■設置モジュール
    カナディアン・ソーラー社製 CS6A-240MS 98枚
    ※住宅用パッケージ「コルカ」
  • ■パワーコンディショナ
    CSP55G4D 3台
  • ■設置:2019年4月

マンカオ様邸

  • ■システム:21.12kW
  • ■設置モジュール
    カナディアン・ソーラー社製 CS6A-240MS 88枚
    ※住宅用パッケージ「コルカ」
  • ■パワーコンディショナ
    CSP44G3D 5台
  • ■設置:2019年4月

太陽光発電導入後の発電量、売電量などの例(マンカオ様邸)

  • 【2018年5月】
  • ●発電量:3180kWh
  • ●売電量:3072kWh
  • ●売電料金:59,691円
  •  
  • ●消費電量:256kWh
  • ●買電量:148kWh
  • ●買電料金:2,907円

太陽光パネル 販売・設置

〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田243-2
TEL:054-294-7101
https://solarassist.co.jp

専門業者ならではの実績が強みこだわりを持ってお客様に最適なシステムを

 今回の取材先であるアナリザさん、マンカオさんの新居に販売・設置を行ったのは、株式会社セイエイと、静岡県を中心に事業を展開する株式会社ソーラーアシスト。

 株式会社ソーラーアシストは2009年の設立以来、太陽光発電の専門会社として3,300件以上のシステム販売・設置を行っており、県内ではトップクラスの実績を誇ります。磐田市でも、地元住宅会社の株式会社セイエイとタッグを組み、数多くのお宅に太陽光発電システムを設置してきました。カナディアン・ソーラーの製品は2012年から取り扱いを開始しました。

 「カナディアン・ソーラーのメリットは、コストパフォーマンスの良さです。これまで設置したお客様のデータを見ても、発電実績はとても良い。保証もしっかりしているし、トラブルなどによるクレームもない。自信を持っておすすめできるメーカーです。PLATINUMA(プラチナム)など、より高い発電量が期待できる製品も出ているので、さらに注目しています」 と語るのは、執行役員・統括本部長 八倉圭紀氏。

執行役員 統括本部長 八倉圭紀氏

 「太陽光発電に関して情報があふれている現在、どの製品を選ぶかをお客様が判断するのは大変難しくなっています。弊社のような専門業者が、今まで培ってきたノウハウを活かし、たくさんの実データを元に、お客様にとって最適なものを提供するのが使命と思っています」

 さらに設置後のアフターケアも積極的に行っています。例えば3ヶ月に1回、太陽光発電に関するニュースを配布したり、関心が高まっている蓄電池についてセミナーを行ったりと、ニーズに合わせて工夫。
 「売りっぱなしで終わらない、末永いお付き合いができるよう、心がけています」。

※取材:2019年7月