「エコなお宅訪問」一覧に戻る

My Solar House
住宅向けシステムパッケージ
「PLATINUM(プラチナム)」特集2

より性能が高く、そしてデザイン性にも優れた太陽光発電システムを実現した、カナディアン・ソーラーの住宅向けシステムパッケージ「PLATINUM(プラチナム)」。実際に設置されたお客様に、高性能な太陽光発電システムがある生活の様子を伺いました。

「PLATINUM(プラチナム)」とは?

(コーポレートサイトの「PLATINUM」情報ページにリンクします。)

太陽光発電をきっかけに
電気を活用した将来設計が
具体的に
福井県福井市 谷脇様邸

「PLATINUM」設置でシミュレーション以上の売電が実現

 福井市にご夫婦でお住まいの谷脇さんは、新築の家を購入してから数年後に太陽光発電システムの導入を検討、2018年の冬にカナディアン・ソーラーの住宅用パッケージ「PLATINUM」を設置しました。

 「南向き片流れの屋根を見て、これは太陽光発電をするのにかなり好条件なのではと思いつき、いろいろと調べ始めました。設置後のメンテナンスなど考えると、やはり地元の信頼できる会社がいいと思い、北陸サンアビリティに相談。発電効率が良い『PLATINUM』を提案していただきました」

 パネルは36枚、発電の容量は9.36kWと、一般家庭としては大きめのシステムで、とくに夏にかけては余剰電力の売電料金も3万円以上を記録しています。

 「夏は1日50〜60kWhほど発電していますね。設置前のシミュレーションでいただいた数字よりも、かなり好調です。オール電化の家ですが、十分にプラスが出ています」とご主人。

一年間使って、トータルのバランスを見るのが楽しみ

自宅で作った電気を活かせる便利な暮らしを計画

 谷脇さんは、自宅で太陽光発電をするようになって以降、以前では考えつかなかった将来プランまであれこれ浮かぶようになったといいます。

 「まず、数年後に電気自動車を購入する予定です。東京オリンピックの頃には、今以上にいろいろな電気自動車が出ると言われていますから、好みのタイプを買って、それを蓄電池としても利用したいと思っています。家で発電し、充電し、使うという事ができたらさらに経済的です。とくに冬場の暖房費に車で充電した電気が使えたらその効果は大きいでしょうね。そしてさらに10年ほどしたら、今度は年齢も考えて自動運転可能な電気自動車にシフトする。またその頃には、家にホームエレベーターを設置することも計画しています」

 とても斬新なプランですが、計画内容はノートアプリを利用してきちんと整理されており、かなり具体的です。太陽光発電システムがある家ならではの、様々な可能性を考えるのが、とにかく楽しいとのこと。新しいエネルギーのおかげで、ライフスタイルにも新しい風が吹いているようです。

PLATINUM導入後の売電料金、支払い電気料金の例

【2018年5月】
●発電量:1,101kWh            ●売電料金:35,610円
●売電量:1.181kWh            ●支払い電気料金:6,140円
※システム容量 9.36kW(モジュール36枚)

太陽光発電システム販売・設置

株式会社北陸サンアビリティ
〒918-8237 福井県福井市和田東1丁目2118
TEL 0776-97-9477  FAX 0776-97-9478
hokuriku-sunability.jp

お客様の立場で良い製品を販売からメンテナンスまで一環ケア

 谷脇さんのお宅の「PLATINUM」設置工事を担当した株式会社北陸サンアビリティは、太陽光発電システムの販売・設置・メンテナンスを一貫して行う専門会社です。「お客様の立場に立った導入シミュレーションを徹底し、分かりやすく説明することを心がけています」(代表取締役 星綾輝氏)というポリシーの下、地元の福井市を中心に北陸三県で広く信頼を得て、年間100件設置という実績を誇っています。

 現在約10社の製品を取り扱う中、設置するシステムの7割はカナディアン・ソーラーの製品だといいます。「国内メーカーにはない価格の安さと、対応の早さ、そしてお客様目線の商品開発がカナディアン・ソーラーのメリット。とくに『PLATINUM』はコンパクトなパネルにもかかわらず発電量が多く、容量を求められるお客様に最適です。デザイン性も高いですね」と高評価。実際に設置したお客様からも良い反応をいただいているとのことです。

 「今後、太陽光発電システムが標準装備となることを前提に、蓄電池はもちろん、EVパワコンも合わせて販売していきたい」と、意欲を語ってくださいました。