「エコなお宅訪問」一覧に戻る

My Solar House
住宅向けシステムパッケージ
「PLATINUM(プラチナム)」特集1

より性能が高く、そしてデザイン性にも優れた太陽光発電システムを実現したのがカナディアン・ソーラーの住宅向けシステムパッケージ「PLATINUM(プラチナム)」です。
2017年12月の発売以来、多くの注目を集め、導入住宅も急増中です。今回は実際に「PLATINUM」を設置された5軒のお宅を取材。高性能な太陽光発電システムがある生活の様子をご紹介します。

「PLATINUM(プラチナム)」とは?

(コーポレートサイトの「PLATINUM」情報ページにリンクします。)

曇りの日も、雨の日も発電
夏の売電料金は期待以上に
石川県小松市 坪田様邸

高効率の「PLATINUM」を無理のないパネル枚数で設置

 2017年3月に、小松市に家を新築した坪田さんご一家。シンプルでモダンな雰囲気のこのお宅には、カナディアン・ソーラーの住宅用太陽光発電システムパッケージ「PLATINUM」が設置されています。

 「新居ができた途端、太陽光発電を勧誘する営業マンが大勢来るようになったのがきっかけです。数社から見積もりをとりましたが、最終的には、家を作ってくれたハウスメーカーで、信頼関係もあった株式会社オスカーさんに施工をお願いすることにしました。せっかくなので出来るだけたくさんのパネルを設置したかったのですが、オスカーさんから、雪止めのスペースなども考慮して、ムリのないパネル枚数に抑えた方がいいという提案をいただきまして32枚、約8.3kWのシステムに落ち着きました。そんな慎重な営業姿勢も好感が持てましたね。また当時発売されたばかりの高効率パッケージを勧めていただけたのもラッキーでした」(ご主人)

一年間使って、トータルのバランスを見るのが楽しみ

 稼働開始は2018年の2月から。降雪の多い冬の間の発電はいまひとつでしたが、春以降は好調に転じ、4月からは売電料金も毎月2万円、3万円以上というレベルに。最初はあまり興味を持っていなかったという奥様もこれには驚き、ご夫婦で頻繁にモニターをチェックするようになったといいます。

 「実際の数値を見ると、思った以上に売電できていますね。曇りの日も、そして雨でも発電していることもあります。オール電化の家ですが、電気料金も以前暮らしていいたアパート時代の光熱費全体よりもかなり少なくすんでいます。冬はどうしても発電量は落ちますが、1年使って、トータルのバランスを見るのが楽しみです」と奥様も納得の様子です。

 モニターに数値がでることで、無駄な電気を使わなくなったこともいい影響とも。経済的にも、エコの観点からも、太陽光発電を導入して大正解だったようです。

PLATINUM導入後の売電料金、支払い電気料金の例

【2018年6月】
●発電量:1,101kWh
●売電量:1.073kWh
●売電料金:32,190円
●支払い電気料金:4,214円
※システム容量
8.32kW(モジュール32枚)

太陽光発電システム販売・設置

株式会社オスカーJ.J
〒939-8211 富山県富山市二口町4丁目7番地の14
https://www.oscarjj.jp
リフォーム営業部「住まいるオスカー」
TEL 20120-00-8912
https://www.smile-oscar.jp/reform/

南陽吉久株式会社
〒933-0003 富山県高岡市能町750
設計・工事部

 
TEL 0766-27-7300 FAX 0766-22-8808
http://ny.sunnylive.jp

北陸の気象条件下でも「PLATINUM」が粘り強く発電

 坪田さんのお宅にカナディアン・ソーラーの「PLATINUM」を設置したのは北陸エリアで広く住宅建築を請け負う株式会社オスカーJ.Jのリフォーム部門、住まいるオスカーです。
「オスカーホームが建てたお宅を、末長く守るのが私たちのポリシー。1年に1回定期点検をするなど、お客様と信頼関係を築きながら仕事をしています」(金沢南部営業所 所長兼リフォーム営業担当 山岸幸生氏)。太陽光発電システムの設置依頼も多い中、土地柄から雪が落ちる可能性なども考慮し、独自の規定を設けてより安全な設置を行っています。

 また同社に「PLATINUM」を提案したのは、建築資材の卸売りを行う南陽𠮷久株式会社です。太陽光発電システムは住宅・産業用を合わせて年間約100件の取扱があり、そのうち約半分がカナディアン・ソーラーの製品だそうです。「中でも『PLATINUM』は発電力が高く、保証体制もしっかりしているため、お客様にとって大変良い商品だと思います。
実際、雨や雪が多い北陸の厳しい気象の下でも粘り強く発電してくれると、多方面から好評をいただいています」(設計・工事部 部長 山田清孝氏)