「大自然の国カナダ」一覧に戻る

Gift from the Sun
抜群の視力と鋭いツメで獲物を狙う、白銀世界のハンター
シロフクロウ

 映画ハリーポッターの中で、ハリーのペット「ヘドウィグ」として登場するのがシロフクロウです。白い羽毛に覆われた姿はどことなく神秘的で、北米先住民の間では古くから幸福のメッセンジャー、守り神、知恵の象徴などとして崇められてきました。
 白い羽毛は、北極圏を繁殖地としているための保護色です。大きな体を雪景色に同化させ、音もなく滑空し、鋭い鉤ツメを使ってネズミやキツネ、ウサギなどの獲物を捕らえます。羽を広げると長さは1.5メートルにもなり、体重はメスの方が大きく約2.3キロ、オスで1.8キロ。フクロウの仲間では最も大きな体を持ちます。

オスはほぼ真っ白。メスには茶色の縞模様が入り体も大きめ(Photo:Tourism Quebec / Christian Savard)

足先まで含め、全身が何層もの厚い羽毛で覆われており、極寒地でも体温を39℃前後に維持(Photo: Travel Alberta)

 夜行性として知られる他のフクロウとは異なり、シロフクロウは主に日中に活動します。北極圏では夏には大変日が長く、白夜になることもあるため、明るい光の中での狩りが得意になったのです。視力は抜群。双眼鏡のように長い眼球を持ち、はるか遠くで動く小さな獲物も見分けることができます。人間のように眼球を動かすことはできませんが、その代わりに首が270度も回転。首を動かすことで広大な視界を確保しています。

 獲物が狙いづらくなる冬には、多くのシロフクロウは南下します。北米、ヨーロッパ、アジアなど広いエリアで観測が可能。カナダでは11月から3月頃にかけてケベック州やオンタリオ州の草原や湿地帯など、見通しのいい場所でその姿を見ることができます。干し草や木の上に止まり、あたりを睥睨する様子は貫録いっぱい。ケベック州では州鳥としても登録されており、ひときわ象徴的な存在となっています。

特殊な羽の形状により風切音を立てずに獲物に近づき、力強い足で瞬時に捕獲(Photo: Tourism Quebec / Heiko Wittenborn)