「お役立ち&ユニーク情報」一覧に戻る

「太陽光発電のプレーヤーとして、積極的に前に進んでいきたい」

 2015年1月、カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社が業務を開始しました。
 これまでカナディアン・ソーラー・ジャパンのプロジェクト・ビジネス本部として太陽光発電所建設に関わる事業を行ってきましたが、このたび新会社として独立。太陽光発電所の建設と発電事業における今後の可能性を追求していきます。

 2014年9月、カナディアン・ソーラー・プロジェクト初となる1.2MWの太陽光発電所「CSJ 志布志町帖発電所(鹿児島県志布志市志布志町帖)」が稼動を開始しました。現在、九州で6か所、関東で2か所、合計15MWとなる発電所の工事が進んでいるほか、数か月以内に、20~40MW 規模の建設もスタートする予定です。

1.2MWの志布志町帖発電所

 新宿の高層ビルに設けられたオフィスは、カナダ、アメリカ、フランス、スペインなど様々な国から集まった人々で活気にあふれています。スタッフは総勢約70名。案件の発掘・企画・分析などの分野では、海外で数々の大型プロジェクトを経験したカナディアン・ソーラーのスタッフがデベロッパーとして派遣されています。

様々な国からスタッフが集まる多国籍なオフィス

 「今、日本の電力業界は機構改革や規制緩和が行われるなど、まさに過渡期にあります。短期間に発電所を集中して作り、それを自社で維持して電力を作り続けていく中から、新しいビジネスチャンスを探っていきたい。業界再編成の中、“太陽光発電のプレーヤー”としての立ち位置を定め、着実に前へ進んでいきたいと思います」と語るのは、久保敏秀代表取締役。
 新会社の今後の躍進に、どうぞご期待ください!

代表取締役 久保敏秀

カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

〒163-0450 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル50F

TEL:03-6911-2901(代表)

※取材:2015年1月