「エコなお宅訪問」一覧に戻る

My Solar House
大容量発電による電気の
自給自足でストレスのない
快適生活を実現
愛知県名古屋市 木下様邸
Photo: Satoru Seki

10kW以上の発電システムながらあえて余剰買電に

 名古屋市にお住いの木下さんご一家。2016年の4月に家を建て、その10月に14.16kWと大容量の太陽光発電システムを導入しました。パネルは、屋根の南面はもちろん、東側、西側、そしてカーポートの上まで、全部で48枚。朝から夕方までしっかり発電が可能です。

 10kW以上のシステムは「産業用」とされ、発電した電気すべてが売電可能な「全量買取制度」も適用されます。ですが木下さんが選んだのは、発電分をまず自宅で使い、余った電力だけを売電する「余剰電力の買取制度」です。

 「売電を第一に考えて節電するよりも、電気を自給自足して十分に使える快適な環境を作りたいと考えました」とご主人。建坪が約60坪あるこの広い家はオール電化されており、床暖房からエアコン、自動掃除機など、あらゆるところが電気でコントロールされています。電気使用量はどうしても多くなりますが、太陽光発電システムのおかげで、みなさん電気代のことは気にせずに生活できているとのこと。

カーポート、屋根の東面、さらに写真奥の南面、西面にもパネルを設置 モニターで発電量を確認。家中でふんだんに電気を使ってもさらに余剰電力が出て売電も

吹き抜けのリビングを中心にした広いお宅ながら、床暖房などのおかげで冬も家じゅうが一定温度で暖か

蓄電池も活用し、電気代を気にせずに生活

奥様、高校生と社会人の娘さんそれぞれの鏡台が並ぶパウダールーム。照明や電気製品も気兼ねなく使用

 「たとえば床暖房は全室に設置してあるのですが、電源は常に入れっぱなしです。出かけるときも切らずに出てしまいます。そうすると家の中は常に一定の温度でとても快適です。自分のところで電気を作っているからこんなことも気にせずできる。ママ友たちもこれを見ると、太陽光発電の導入を考え始めますね」と奥様もその心地よさを力説します。

 木下家では蓄電池も活用しているので、発電できない夜の間でも電気を買うことはまずなく、電気はほぼ完全な自給自足状態。しかも売電できる余剰電力も十分あるため、これだけ贅沢に電気を使っても収支はプラスになるといいます。

 太陽光発電の本来の役割をフルに活用したストレスフリーな生活。これからの暮らしの新しいスタイルといえそうです。

大容量の発電システムに対応するためパワーコンディショナも2台設置 カーポートの上だけでも24枚のパネルが並ぶ

木下様邸

  • ■システム:14.16kW
  • ■設置モジュール
    カナディアン・ソーラー社製 CS6K-295MS 48枚
  • ■パワーコンディショナ CSR55N1B×2台

シミュレーションによる年間発電電力量

  • 15,899kW
  •  
  •  
  •  

太陽光パネル販売・設置

エコバンク(株式会社ディーエスエス)
〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤3-1-18
名古屋KSビル2F

TEL 052-451-0030
http://ecobk.jp