「大自然の国カナダ」一覧に戻る

Gift from the Sun 
カナダ建国史にもかかわった、環境保護のシンボル的存在
ビーバー

様々な野生動物が生息するカナダでも、特別な存在と言えるのがビーバーです。16世紀以降のヨーロッパ人によるカナダ開拓、その最大の目的となったのがビーバーの毛皮であり、この動物がいなければ今のカナダはなかったかもしれません。

当時ヨーロッパでは、北米産ビーバーの柔らかい毛皮を使ったフェルト帽が大流行していました。毛皮の取引は、イギリスやフランスなどの国に莫大な富をもたらす大きなビジネスだったようです。貿易商たちは、ビーバーを捕獲できるカナダ先住民からより多くの毛皮を買い付けるため、カヌーで川をさかのぼって内陸部へと進み、各地に交易所を設けていきました。こうして水際に開かれた交易所の多くが現在のカナダの街となったのです。

しかし、そうした発展は大きな環境問題もはらんでいました。かつては北米全土に1億頭以上いたとされるビーバーですが、帽子製作のために乱獲が進むと激減。多くのエリアで絶滅状態になってしまいました。

20世紀に入り、自然保護運動が盛んになると、ビーバーはその象徴的存在となります。各地で保護活動が行われるようになると、カナダ国立公園のシンボルマークにはビーバーが採用され、5セントコインにも「国獣」としてその姿が描かれました。

現在、ビーバーの数は北米全土で約1000万頭以上まで復活したと言われており、実際、カナディアン・ロッキーや東部の湖沼地帯などいたるところで、その愛らしい姿に出会うことができるようになりました。