「大自然の国カナダ」一覧に戻る

貴重な地球遺産
カナディアン・ロッキーの氷河
世界遺産カナディアン・ロッキーの高峰からゆっくりと流れ出す氷河。
その巨大な氷の塊が、今急速に起こっている地球の変化を、ありありと伝えてくれます。

神格化された地名が語源

 北米五大湖のエリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川。カナダとアメリカの国境線にもなっているこの川の中間地点にあるのが、ナイアガラの滝です。
 エリー湖から流れてきた水は、川の中州にあるゴート島で2分され、そのまま「カナダ滝」、「アメリカ滝」に分かれて流れ落ちていきます。このふたつを総称してナイアガラの滝と呼びますが、ひときわ有名なのは、深くえぐれて馬蹄形をしたカナダ滝。落差53m、幅670mという巨大な岸壁から、すさまじい量の水が雷のような轟音とともに落ちていく様子は、圧倒的な迫力です。まるで滝そのものが生きているかのようで、思わず足がすくみ、言葉を失うほど。古くからこの地に暮らしてきた先住民は、その威容や音を恐れ敬い、「オンギアーラ」(とどろく水)として崇めてきたと言います。ナイアガラという名前は、そんな神格化された地名が語源となっています。

馬蹄形をしたカナダ滝とまっすぐに落ちるアメリカ滝 先住民に崇められてきた神聖な場所

圧倒的な水量と激しさで発生する、大量の水しぶき

生き物のように動き続ける滝

 ところで、この巨大なナイアガラの滝が、自らの浸食作用で常に動き続けているのをご存知でしょうか。滝が誕生したのは、約1万2千年前。最後の氷河期が終わり、膨大な氷の溶け水が流れ出て、川ができ、途中にあった断層部に滝ができました。その位置は、現在の場所からなんと11㎞も下流。そこを出発点に、岸壁は膨大な水のパワーによってどんどん削られ続け、1年に1mのペースで後退。滝はじわじわと上流に向けて移動してきたのです。
 現在、滝の浸食はごくわずかになっています。1950年代以降、ナイアガラ川流域に発電所やダムなどが建設され、これらの施設を守るためにも水量が調節されるようになりました。これにより、現在の後退スピードは、1年で3㎝程度に。それでも滝は今も確実に、上流に向かって動き続けています。
 滝からナイアガラ川沿いに走る道路を11㎞下っていくと、最初に滝ができた地点を見ることができます。そこから滝まで続く茶色い岸壁こそ、滝が長い年月をかけて削り取っていった跡です。
 迫力満点の滝自体はもちろん、その周辺でもこうして、自然の力、悠久の地球の営みを感じずにいられないユニークな地形の数々を見ることができます。

怒涛のごとく流れ落ちる水は圧倒的な迫力

展望台「テーブルロック」からは滝が流れ落ちる様子を目の当たりに ここで滝が生まれ、大地を削りながら上流へ移動

滝周辺には、迫力のアトラクションが満載

ごく稀に、真っ赤なオーロラが出ることも

 南米イグアスの滝、アフリカ南部ビクトリアの滝と並び、世界三大瀑布のひとつに挙げられるナイアガラの滝。ここは、これら3つの中でもっとも訪れやすい滝として人気があります。入口となるのは、日本からの直行便も飛んでいるトロント国際空港。ここから車やバスに乗って2時間ほどで滝までアクセスすることができます。また、経由便になりますが、アメリカのバッファローまで飛べば、空港から滝までは、車で30分程度という近さ。
 このアクセスのよさもあり、ナイアガラの滝周辺は古くから観光地として発展してきました。一帯には滝を楽しむためのアトラクションも充実。滝壺まで遊覧船で突入できる「ホーンブローワー・ナイアガラ・クルーズ」や、トンネルで地下に下り、滝の真横や真裏からその迫力を体験できる「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」などは大人気。さらには観覧車に乗っての見物やヘリコプターでの遊覧飛行、滝の伝説や歴史を紹介するシアターまであり、滝をテーマに様々なスタイルで過ごすことができます。

滝を真横や裏側から見学できる「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」 滝周辺にある観覧車からの眺めも素晴らしい 夏季のナイトクルージングでは、花火が楽しめることも

滝に感動した後はワインと美食を堪能

オーガニック農法や自然農法でブドウを育てるワイナリーが急増中 冬の厳寒期に凍ったブドウ果実を収穫して作る甘いアイスワインも大人気

 また滝以外の楽しみも豊富です。たとえばワイン。1970年代以降、ナイアガラ一帯ではワイン作りが盛んになりました。この地域の冷涼な気候とミネラル豊富な土壌が、ヨーロッパ種のシャルドネ、カベルネ、ピノノワールなどのワインブドウの生産に適しており、今では周辺に60カ所以上のワイナリーが点在するカナダ随一のワイン産地となっています。いずれも家族経営中心の小規模施設で、丁寧に手作りされる希少ワインは、世界各地のワインコンクールで高い評価を得ています。さらにこの周辺は、古くからフルーツや野菜などの産地としても知られており、新鮮な食材はとにかく豊富。健康的な地元の材料を活用した料理「ナイアガラ・キュイジーヌ」を出すレストランも数多くあり、グルメエリアとしても注目を集めています。
 世界的に有名な滝を訪れ、その迫力に感動。そして豊かな大地に点在するワイナリーを訪れ、ワインとおいしい食事に舌鼓…。中身の濃い、一生の思い出になるような旅が堪能できる場所と言えるでしょう。

ナイアガラ・キュイジーヌと地元ワインが楽しめるレストランも充実

滝の近くには、イギリス統治時代の面影を残すナイアガラ・オン・ザ・レイクの街も ブドウ畑などのどかな田園風景の中には雰囲気のいいB&B や小規模ホテルが点在

Text: Hiroko Yoshizawa Photo: H.Y., Satoru Seki, OTMPC/R.Pierre