「様々な発電施設」一覧に戻る

for Green Life ―地球にやさしいお日さまプロジェクト

太陽光発電を活用しマイホームをよりオトクにご提案

手がけた8割の住宅が太陽光発電システムを導入

 創業から5年目を迎えたハウスメーカー、株式会社アッシュホーム。住宅業界で経験を積んできた小澤裕昭社長が「大手の品質や優れたデザイン性を取り入れながら、地域に密着した昔ながらの工務店の良さをもちあわせ、お手頃価格の住宅を提供できる会社」をめざして2013年に設立。初年度の12棟から着実に建築実績を伸ばし、4年目にして53棟の受注を達成。その急成長ぶりで、注目されています。

株式会社アッシュホームの代表取締役社長・小澤裕昭氏(中央)、取締役設計部部長・鎌田真理子氏、営業部稲沢営業所所長・吉川勲氏。住宅展示場のリビングルームにて

 同社では、昨年から新築住宅への太陽光発電システムの提案も開始しました。以来、手がけた住宅の8割に太陽光発電を導入。しかもそのほとんどが10kW以上のシステムを設置したといいます。

 「新築を検討されている方に、太陽光発電はいかがですかと伺うと、みなさん興味を示されます。とても引力があるので、ここから家作りを紐解いていくのです」と説明するのは、同社営業担当の吉川勲氏。

 お客様には、家の価格から太陽光発電システムの初期費用、ローン返済額、売電による収入額などのシミュレーションを作り、月々の支払いが実質いくらになるかを具体的に説明するそうです。

住宅展示場内、太陽光発電を活かしたオール電化のキッチンも提案 隠れ家のような子供部屋を組み込んだユニークなデザインも好評

住宅展示場にも太陽光発電が導入されており、和室のモニターで発電状況が確認可能

九昭電設工業株式会社 代表取締役 池上秀一氏「日々進化する技術に後れを取らないよう学び、今後は蓄電池にも本腰を入れていきたい」 小倉駅から歩いてアクセスできる便利な立地 スタジアム内に設置された太陽光発電システムのモニター

 「おすすめしているのは、主に全量売電が可能な大型のシステムです。10kWのシステムを導入した場合、安く見積もっても向こう20年間、毎年24万円くらいの収入となります。これを返済に充てれば、たとえば2、500万円を35年ローンで借りて家を建てたとしても、月々の返済は5万円前後ですんでしまいます。これにはもちろん十分なパネルが搭載できる大きな屋根が必要ですが、売電量とのバランスを考えて前向きに検討される方は多いですね。屋根を大きくして、15畳の予定だったリビングを20畳にして、しかも売電収入のおかげで当初考えた狭い家のケースよりも月々の支払は安くなる、と」

 同社で扱う太陽光発電システムは、ほぼすべてカナディアン・ソーラーの製品です。「弊社展示場の屋根にも搭載していますが、発電効率が良く、シミュレーションに比べて毎月約3割増しの発電をしています。実際にシステムを導入されたお客様からも、最初の試算よりも売電収入はかなり多いと喜ばれています」

 お客様の身になって、住む方が満足できる家を提供したいというアッシュホームの皆さん。太陽光発電システムがそんな想いを力強く後押ししているようです。

毎年1回、お客様を集めてイベントを開催。その際にいただいた寄せ書きがスタッフのモチベーションに

カナディアン・ソーラーのパネル24 枚が設置されたアッシュホームの住宅展示場   ●モジュール:カナディアン・ソーラー社製CS6V-240MS ●システム5.76kW

株式会社アッシュホーム
〒492-8057 愛知県稲沢市下津長田町77番地
http://www.ash-home.com
 
TEL 0587‐34‐5211
FAX 0587‐34‐5212

※取材:2017年5月