「様々な発電施設」一覧に戻る

for Green Life ―地球にやさしいお日さまプロジェクト
アイデア満載のメガソーラーで地域活性化に貢献
栃木県足利市 株式会社渡辺電設

メガソーラー発電施設を備えた「道の駅どまんなかたぬま」。駐車場にカナディアン・ソーラー製の太陽光パネルが並ぶ

公共施設の屋根貸しで新たな発電事業をスタート

 関東平野の北部、渡良瀬川を中心にひろがる栃木県足利市。日照時間が日本の平均値よりも2割多いといわれるこの一帯は、台風など自然災害の影響も少なく、太陽光発電には最適な場所のひとつです。

 この足利で大規模な太陽光発電施設の普及をめざし、精力的に活動しているのが、渡辺電設です。創業は昭和39年。長い間電気工事や建設業で業績を伸ばしてきた会社ですが、6年前に将来性を見込み、太陽光発電専門の設計・施工会社として大胆な方向転換を図りました。「危機感のある状況下にこそ、チャンスがある」(渡辺社長)という信念で、新しいビジネスにシフト。すると2012年に固定価格買取制度がスタートし、これが追い風となりました。

足利市で50年以上活躍してきた渡辺電設株式会社 「難しい条件の中、人のやらないことを考えて実行する、それが楽しい」と話す渡辺好美社長

 渡辺社長は、地元の企業5社に声をかけて足利メガソーラー株式会社を設立。公立学校や公民館など足利市の64カ所の公共施設に賃料を払って屋根を借り、そこに合計2・7MWの太陽光発電システムを設置するという、全国で初めての「屋根貸し」太陽光発電事業に乗り出しました。

 「最初は文部省、次に市の建設課と交渉と、とにかくゴーサインが出るまでに大変な時間と労力が必要でした」といいます。
 ところが、いざスタートしたらあちこちの自治体から問い合わせが殺到。これがビジネスモデルとなり、この公共施設屋根貸し事業は、今や全国的な広がりを見せています。

足利市のメガソーラー事業として建設したサッカー場の発電所。ソーラーパネルのある場所が観客席、選手待機所、イベント会場として役立つ 地元企業と共に「足利メガソーラー株式会社」を立ち上げ公共施設に施工

太陽光発電設備を持つ「道の駅」が地域防災拠点に

 渡辺電設では、単独でも様々な大型案件を手掛けていますが、その多くが、太陽光発電設備にとどまらない、プラスαのアイデアが盛り込まれたものです。たとえば、太陽光パネルを屋根にして、その下にレンタル倉庫を設置したり、駐車場と外車販売店を2層にして設置したりと、第2、第3の機能を備えているのが特長です。

 足利市の隣、佐野市にある「道の駅どまんなかたぬま」の事例も、大変独創的なものとして注目されています。2016年8月、敷地内にある1万2000㎡の駐車場に屋根をつけ、そこに出力1.1MWのソーラーパネルを設置。350台分の駐車スペースが完成しました。

ソーラー発電所+レンタル倉庫というアイデア。倉庫に直射日光が当たらずお客様から好評をいただいているそうです 使用するパネルは、すべてカナディアン・ソーラー製。コストパフォーマンスの良さで選ばれています

メガソーラー発電所としても機能する駐車場が完成した「道の駅ど真ん中たぬま」

 発電が可能な屋根付き大型駐車場とは、それだけで様々なメリットがありそうですが、なによりユニークなのは、ここが地域の防災拠点としても機能するという点です。この駐車場は、平常時には道の駅の売電事業として運用されていますが、災害時などには一部のパワーコンディショナが自立運転をして、蓄電池に充電ができるようになっています。また屋根の下は避難所、物資置き場としても利用可能。さらに駐車場の40台分は、災害時の特殊車両が駐車できるよう、屋根の高さを3m以上にするなど工夫が凝らされています。

 「この道の駅は佐野市などが出資する第3セクターで、もともと先進的で様々な試みがなされている。このプロジェクトも市長の肝いりで進められました。こういうパートナーと協力して新しいビジネスを切り開き、地域にもいい形で還元する、それが目指すところです」(渡辺社長)

 渡辺電設では、現在自社運営による合計8MWの大型発電所も建設中です。アイデア満載の新施設、完成後には改めてご紹介する予定ですので、ぜひお楽しみに!

「道の駅どまんなかたぬま」の発電量1.1MW の駐車場。災害時に備えた設計で、一部の屋根は特殊車両も入るよう高く設定。また倉庫には蓄電池が用意されている

急速充電器を備えたEVスタンドが常設。また駐車場内には電気シャトルバスが無料運行 「道の駅どまんなかたぬま」の広大な敷地内にはレストランからギフトショップ、イベント会場など様々な施設が並ぶ。新鮮な野菜が並ぶ「朝採り館」は大人気 評判の唐揚げ屋さんなど、屋台も充実!

株式会社渡辺電設
■〒326-0845 栃木県足利市大前町763
http://www.watanabe-ashikaga.com
 
■TEL:0284-62-2498

※取材:2016年9月